簡単そうで奥が深い、手相占いの魅力とは

占いの方法は数多くあるけれど、一番身近で親しみ易いのが「手相占い」です。
易学というとまず手相をイメージする人も多く、対面式の占いでは最もポピュラーです。
若い人の中にも手相占いにハマり、通信講座で勉強をしている人も多くいます。
地味ですが説得力のある手相占いの魅力とはどの様な点なのでしょうか。

手相は一人一人全部違う

手相には「生命線・運命線・感情線・頭脳線」の4つの基本線があり、この線の状態化から手相占いを行います。
人は皆、掌の大体同じ部分に線がついているのですが、全く同じという人はいないのです。
家族や双子でも、全ての手の線が完全に一致するということはまずありません。
手相は一人一人個性があり、世界中で自分と同じ手相を持っているという人はいないことから、全く同じ運勢の人はいないということになります。
手相占いの最大に魅力は、世界にたったひとつしかない運勢を知るということにあります。

手相は毎日変化している

人は毎日細胞分裂を繰り返しています。
その為に、手相も日々変化しているもので、大人になると子どもの頃とは手相が違ってきます。
細胞が完全に生まれ変わるのには約3ヵ月かかるという医学的データがあり、これに従い手相も3ヵ月程で変化する人もいます。
現在悪い手相であっても、3ヵ月もすると良い手相に変化することもあるのです。
もちろんその時の精神状態や健康状態で新陳代謝が良くなったり悪くなったりすることもあり、手相がその時の自分の状況を表す様になります。
手相占いの魅力は、毎日その人を見ていても分からない運勢の変化が現れる、という点にもあります。

いつでもどこでも占える

占いには様々な方法がありますが、「水晶占い」や「タロット占い」はそれぞれ占う為のアイテムが必要になります。
しかし手相占いの場合、何も用意するものはありません。
いつでもどこでも、知識がある人が手相さえ見れば鑑定ができるのです。
手相占いでは恋愛や人間関係、金運など複雑な内容でも、自らの手相を読み取ることで鑑定ができます。
過去よりも現在や将来が分かる為に、自分がこれからどの様に行動して行けば良いのかという指針を示してくれるのです。

自己分析ができる

人には「自分のやりたいこと」と「自分の能力」との食い違いが生じることがあります。
実はスポーツが好きで才能があっても、将来の安定性を考えて勉強に専念しした方が良いのでは、と思う人も多いのです。
しかし理想と現実のギャップに悩んだり、イライラしたりすることもあるでしょう。
そんな時に手相占いで自分の適性を知ることにより、冷静に自己分析ができるのです。
「スポーツを諦めることはない」と思えば、それだけで気分が楽になり勉強がはかどる様になるでしょう。

手相占いは地味ですが4つの基本線により、人生を読み取ることができます。
掌には4線以外にも多くの線があり、最近では「モテ線」や「玉の輿線」なども紹介されています。
手相占いをすることで、自分でも知らない自分の可能性に気づくチャンスとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です